junk garden & garage

リサイクルマーケット 御礼




d0135087_1528128.jpg



d0135087_15282012.jpg



d0135087_15283757.jpg




先日はお足元の悪い中 お越しくださいまして ありがとうございました。


親子共々、すっかり一日楽しませていただきました。


そして、flannelスタッフさん達、今回初めてお逢いしたおもちゃ屋さんのsaruさん


お世話になりました。私が昔集めていたおもちゃの話など思い切り話せて楽しかった^^


また 何かやりましょうねぇーーー







今回は、自宅のアトリエで使っていたものなどを出しました。


そのままアリキココに運んだので、明日はまたディスプレイ替えなどしながら


お待ちしています^^。


23日(木) 10時~3時

080-6536-5566















昨日宅配便で荷持つが届きました。


送り主は、ウチの人の実家の岩手で一番お世話になったおじさんとおばさんから。


この時期に毎年送ってくれるので、中身は知っていた。


小さかったayanaとryo-が、大好きだった洋梨のはず。


あと私達が住んでいたぼろ屋の隣の手焼きの南部せんべい屋さんのせんべいが入っているはずだが、


昨年残念なことにせんべい屋のおばあさんは、


いつものように鼻とほっぺにせんべいの粉をつけたまま、帰らぬ人となり、


残されたおじいさんはもうせんべいを焼く元気も無くなり、すっかりしょげているという事だった。


そんなおじいさんはもう焼けなくなってしまったはずなので、


あの素朴な味のせんべいは2度とお目にかかるはずがなかった。


先日NHKの再放送で、この老夫婦のせんべい屋さんの特集があり、


「あーーー・・・テレビ出たら、にわかに注文が殺到して大変だーーって言ってて、


無理しないで出来る範囲でやるんだよーーって、言ってた矢先に亡くなっちゃったんだよねーーーー・・」


と、めそめそ泣いていた所だった。



そんな事を思いながら箱を開けたら、せんべいが!まさか!?


見ると、藤原せんべいと書いてある!!


直ぐに、おじさんの家へ電話。


「荷持つ着いたよーーー!!ありがとう!!ねえねえ!!藤原せんべいって?


おじいさんせんべい焼いてんのっ?元気になったのっ?」


「るみちゃんーーー(私)・・・おじいさんは、あのあとおばあさんの後を追うようにして


3ケ月後に亡くなっちゃったんだよ・・・・・」


「えーーーーーっっっ!!!???」


逆の展開に号泣していたら、電話の向こうで、


「・・・でもね・・・東京にいた息子さん夫婦がおじいさんが亡くなる2ケ月前に、


東京から引上げて来て、せんべいの焼き方を教わって 今は後を継いで毎日焼いてるんだよーー


なかなか、おじいさん達の味にはまだまだ遠いけど、頑張ってやってるよーー」


とのこと。


時代の移り変わりで、こうした伝統の味を受け継ぐ人がいなくなる中で、


息子さんたちはやっぱり無くしちゃいけないって思ったんでしょうね。


昨日は感動してしまいました。


今年は岩手に帰れるか分かんないけど、絶対息子さん達に逢いに行かなくちゃ!


「毎日、ayanaが焼きたてのせんべいをもらうまで、『おじいちゃんおばあちゃんおはよーー』って


言い続けて、入り口から動かなくて笑いながら『ほら あやちゃんーー焼きたて美味しいよーー』って


毎日せんべいせびっていたんですよーーーっ。その節はお世話になりました」って。



d0135087_16124152.jpg



長々と お付き合いくださいまして・・・すみません。
[PR]
by junkgarden-garage | 2010-09-22 16:13 | イベント