junk garden & garage

明日は(10月26日)3時まで




d0135087_16325454.jpg



先日の記事の続きではないけど、まともじゃないお友達の中で、


美容師の男の子がいたんですが。


どうやって知り合ったかはもう思い出せないのだけれど、


彼のカットモデルをやってショーなどに出たりしていた時期があった。


その彼と言えば、片方の耳に2~30個のピアスをしていて、両耳だったので、


「ゲイなん?ただのファッションなん?」


と、聞いたところ、


「どちらも行けます!で、僕、おチ〇ン〇ンの先っぽにも入れたんです!


日本でそこに入れたの僕が最年少だそうです!」


と、訳の分からぬことを言っていた。



ある日


「ru-さん!俺、やっぱり パリ行って美容師の腕磨きに行って来ます!」


「お金あんの?」


「ないっす!だから俺中国人と結婚したら100万くれるって言うので、籍入れました!」


「はーー?ばかじゃないの~?」


「大丈夫ッス!もう離婚しましたから!」


と、無事(?)彼は パリへ。



1年もしない内に、彼は無事に戻ってきた。


「俺、ru-さんに助けられたんです!」


「何で?」


「実は俺パリに知り合いいなくて、とりあえず気に入った美容院行って働かせてくれ!って


頼み込んで、勝手に外掃いたりして1ケ月通ったら仕方ないなーって働かせてもらって。


でも、友達できなくて・・・。クラブ行ってもパリにいる日本人ってプライド高くて、日本人同士


群れるの嫌みたいで・・」


・・・と言うより君が怪しすぎたんでしょ~と思いながら、


「・・で、ある女の子に無理やり話しかけてたら、その子文化出身で。俺知り合いでru-さんって


いるよ。って言ったらru-さんの知り合い?知ってる知ってる!!ってなって、やっと友達になって


もらえたんです。その子、俺が金なくなるとご飯作ってくれたりしてホント世話になってきました。


友達も紹介してくれたし、ホントru-さんのお陰です~。ありがとうございましたーー」


と、私の知らないところで繋がったらしく、世間って案外狭いというか何だかおもしろいですよね。



その後、彼は自宅兼美容室を開き完全予約制で念願の独立を果たしていましたが、


今頃どうしてるかしら。とふと思い出してみました。



[PR]
by junkgarden-garage | 2010-10-25 16:48 | junk