junk garden & garage

∮ 新発田『十二斎市』



今週末 新発田の旧寺町通りで 

『十二斎市』

が あります。

かなり・・・いや・・・めちゃくちゃ!

はりきっていたのに、

子供の運動会と重なってしまいました。



悔しいので、いつもお世話になっている 
しっかり者のシロツメ舎のmamiちゃんとseatsさんに トランク一つ分 連れて行ってもらうことにしました。

雨なら 運動会は延期なので 張り切って出店します。

(雨だとお客さんが来ないか・・・)



今回は ちょっと ポップな雰囲気を作ってみようかと、

まだ 思案中~。。。


d0135087_11104792.jpg




皆さん、お散歩がてら 遊びに行ってみてください。











彼女は(義母)、過去の中で生きている。

会話の全てに 過去の話が 生き生きとよみがえる。


ひどい話、悲しい話、つらい話・・・



最近 すぐ ウツのスイッチが入ってしまう。

でも 聞いてあげると 落ち着くのだが。

大体は思い違いで 悪い方にとってしまっていて 落ち込んでいるだけ。


そして 彼女は言う。

「何で、私はこんなつらい思いをしてるのに 神様は生かしておくのか?」

「神様は 私に何をさせたいのか?」

と。




私は こう言うしかない。

「お義母さんは 今まで頑張って耐えてきたんだから、

これからは笑って生き抜け!ってことでしょ。残りの人生はご褒美だと思って

今までの分楽しまなくちゃ。  ってことじゃないの?」

と。



彼女は、

「あーーそうか。そういう事かー。でも体が利かなくなってるけどね・・・」

と 淋しそうに笑う。


ずぶとい神経の私とは 正反対の繊細な神経の持ち主。


私の方も考える。

「神様は彼女に何をしてあげろと言うのか・・・」

と。

きっと、私にはない繊細な気持ちを今からとことん勉強しなさい。

と いう事なのか。





毎日 彼女は コタローの散歩中 色んな物を見、持ってくる。

毎日持ってくるのは、

四葉のクローバー。片手に握りしめられないくらい 持って来る。

「小さい頃から 不思議と四葉のクローバーを見つけるのよ。」

と、散歩中の人に 

「小さい幸せのおすそ分けね。」

と 四葉を配りながら 帰ってくる。


毎日、毎日・・・

どんどん家の辞書は 四葉のクローバーの押し花だらけになってきた。

d0135087_11345100.jpg




他にも、この雑草は 目にいいのよ。

これは 染物をするとき入れると鮮やかになるって。

など、いろんな事に詳しい。


残念ながら 一回聞いてもすぐ忘れる私は、

『おばあちゃん日記』

を つけることにした。


毎日、この日記のページが 増えていけば、

彼女の残りの人生に 楽しい足跡として残るだろうか・・・


d0135087_114151.jpg




[PR]
by junkgarden-garage | 2009-05-21 11:12 | イベント